Entries

スポンサーサイト

水面や陸上でフリーフロー!器材の故障を疑う前に、確認してほしいこと☆

“故障ではない、一時的なフリーフロー”原因と予防及び対処の方法をご存知でしょうか? 現在、AQUALUNG及びAPEKSのレギュレーターを購入すると箱のなかに取扱説明書と共に、このような注意書きが入っています。 ユーザーの方々にとってはもちろん修理の現場にいる私たちにとっても非常にありがたいことです 「オーバーホールしたばかりのレギュレーターがフリーフローした」と再修理で戻ってきたものの、器材自体には問題がなくこ...

話題沸騰「BCから内部の水を抜く方法」の最新情報☆改訂版

以前、「BCを逆さまにして内部の水を抜く」ことをしていいメーカーの器材とダメなメーカーの器材がある、というお話をしたことがあります。 こちら⇒http://ibuddy.blog.fc2.com/blog-entry-115.html 言い回しの表現が適切でなかったことや、説明不足だったことがあると判明しましたので、更新させていただきます。 「BCを逆さまにして内部の水を抜く」がダメなBC 器材の使用後、BCジャケット内部に入った水を排出される際、どこ...

そこははずさないでヾ(・ω・`;)ノ

到着器材を見て気になったことがまだあまり周知されていないみたいなので、もう一度書きます。こちらのインフレーターはBCジャケットから外れた状態でジャケットと一緒に到着したのですが、肩口取り付け部の盤がはずれかけています 本来はこのように留められているのだけれどナットがなくなってしまっている 工具を使わないといけないと思われる部分があれば、そこは触らずにそのままお預けになられることをお勧めいたします。ち...

レギュレーターの水没( ノД`) 現地でできる応急処置

「ダストキャップを付けずにレギュレーターを水槽に浸けてしまったんです」といった連絡が入ってきています。夏場は海に行く人が増えるからその数も増えちゃうんですよね。久しぶりに器材を使った為に扱い方を忘れてしまっていたり、ダイビング後に疲れていてうっかりやってしまったということは珍しいことではありません。誰でもしてしまう可能性のあるトラブル、明日は我が身かもしれない “レギュレーター水没の原因”と“水没後に...

どうしてレギュを叩くの?昭和の家電みたいな扱いはNG

海の現場で―フリーフローの音が聞こえ振り返ると、セカンドステージをバシバシ叩いている こんな風に器材を構造的にみて気遣う側としては “タブーな行為” ですが、割とよく見かけます。  器材がフリーフローする原因はいくつかありますが、このようなシチュエーションで多いのが” LPシートとオリフィスの当たり面ずれて空気の通り道ができている” ケース。   器材の運搬中、外部からの衝撃でずれが生じ、フリーフローの症状が...

取説には載っていないDC「カルム」の使い方 

先月、今期の新商品ダイブコンピューター「カルム」と共に海に行ってきました時計サイズの装着感は身軽でありながら、ディスプレイの視認性もよく、出だし好調。そんななか、ご質問をいただきました。「これって気温でますか?」「そりゃ、出ますよ。これを押して、ん?これかな?あれ・・・」取説にも記載がなく、BOSSがメーカーの方に確認したところ、やぱり取説では気温表示の方法が紹介されていなかったそうで、電話で教えてい...

適切でない情報を流す記事

片付けをしていたら偶然出てきた古い冊子。開いてみると、ダイビング器材のお手入れについて紹介されていました。上の画像を見て何か違和感を感じる、と思ったらATOMICレギュレーターだATOMICの2ndステージは他のレギュレーターと構造が異なる為このように圧をかけていない状態で水槽に浸けると2ndからレギュレーター内部に水が侵入し、水没する原因となります。   この記事をそのまま真似てしまわれたというATOMICユーザーの方...

1st取付、上下どっちが正しい?

S-PROのMK20、MK25やATOMIC、SAS、emillioのようなスイベルがついているタイプのレギュレーターをお使いのみなさま、1stステージのスイベルを上下方向どちらの向きで使われておられますでしょうか。「どちらが正しいんですか?」という質問を受けることがございます。どちらかが正しく、どちらかが間違っている、ということはないと思います。敢えて正解を挙げるのであれば、”ご自身が使いやすい方向”と表現いたします。それは置い...

インフレーターのダストキャップを付けなかったら

インフレーターのキャップ、あまり意識したことがないのではないでしょうか?実は結構、重要な部品なんですよ 器材を使わない時(インフレーターホースを接続していない時)は、常にキャップをしておいてください。 特に、器材を洗う時にキャップをしていないと内部に水が侵入し、不具合の原因となったり金属部品を傷める原因となります。オーバーホールして数ヶ月のインフレーターが「エアーが入りっ放しになる」とご連絡があり...

レギュレーターが水没したら?

器材を水没させたらどうなるか?よくない事はわかるけれど、いまいちピンとこないですよね。そこで実際に水没させて放置した器材はどんなものなのか、画像付きでご紹介します。1stステージを分解した部品です。金属が腐食し、緑錆がでているのがわかりますか?洗浄すると、1stステージのボディの中はこんな風になっています。メッキが剥がれてしまっています。エアーの通り道となる金属部品がメッキ剥がれを起こすと、剥がれた鉄粉...

AIR2正しく使えていますか?

先日、S-PRO「AIR2」をお使いのお客様がご来店されてお話していると「AIR2を使うとき、バディとかなり密着しないといけないですよね~」とおっしゃられるのでまさか・・・と思って詳しく聞いてみると、やっぱり!バディがエアー切れになった場合、AIR2をバディにあげると思っていたようです。「吸いにくいな~って友達と言ってたんです(笑)」とのこと。違いますよ~(笑)AIR2は、自分の為の予備の呼吸源です。器材を購入した10年前...

R-200の取付どちらが正しい?

先日、TUSAのR-230という機種をご使用のお客様からいただいたメールがきっかけであることに着目してみました。ちょっとマニアックなお話になるかもしれないですが私はおもしろいと思ったのでご紹介しますね。○で囲まれた部分にご注目ください。黒いキャップが下にくる方向に見れば、「TUSA」の文字も読めるので器材の構造をご存知なければ、これが正しい向きだと認識されて逆向き(キャップが上)で取付されている器材を見ると、間...

インフレーターAACSの外し方

オーバーホールの際、器材を宅急便でお送りされるお客様と店頭にお持ち込みされるお客様がいらっしゃいますが、送るまたは持つ込む荷物を必要最低限にしたい、というお声を伺います。特に電車で器材を持って来られるような場合は、重い荷物の持ち運びはたいへんですよね先日BCジャケットの点検はご不要だというお客様から、インフレーターの外し方の質問を受け写真付の取外し方法の説明書きを差し上げたところ、喜んでくださって...

器材に対する思い込みPART1

アトミックのチタン(合金)モデルに対して、まったく錆びないイメージを持たれていることが多いですが、実はそうではありません。確かに素晴らしい器材ですが、器材の特性を理解して適切に使用しなければ最高級の器材も台無しです。アトミックレギュレーターの1stステージ内の部品部品のすべてがチタン合金でできているわけではありません。これらはモネルでできており、緑錆がでています。放置すると錆びるしメッキ剥がれ起こし...

ダストキャップについた水滴

ダイビング後、タンクからレギュレーターをはずした時ダストキャップについている水滴を取り除いてから、蓋をしますよね。みなさまはどうされていますか?現地で、タンクのエアーをブシュ―っとかけている光景をよく見かけるのですが実はコレ、器材にとってよくない方法だと思います  湿気が器材のなかに入ってしまい、フィルターが緑錆だらけになったり1stステージ内が水没した状態と同じように、内部の部品にカビが生えたり金属...

ホースを長持ちさせる秘訣

セッティングをした後にする、をご存知でしょうか? これまでたくさんの方にご質問させていただきましたが (インストラクターやスタッフなどプロフェッショナルの方も含め) これまでにご存知だった方は全体の1割程度で、大半の方がをしていらっしゃらなかったとのことです。これまでオーバーホールを出してくださった方、またご縁があって自分たちが講習をさせてもらった方にはご紹介させていただく機会がございましたが、よ...

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。