Entries

作業の現場より被害レポート&お伝えしたいこと

先日、「中古器材販売店がオークションで販売している”オーバーホール済み“ のレギュレーターを買ったんだけど、届いて実物を見たら錆が付いているので、状態を確認して欲しい」という依頼をいただきました。 診断したところ、まず結論から申し上げますと、残念ながらオーバーホールされた痕跡は見受けられませんでした。塩・緑錆・微細なOリングの切れ端・グリス汚れが付着していました。 ↓ 問題はそれだけではありませんでし...

”自分の器材がいい加減なオーバーホールをされていた”ことを自ら知った被害事例

先日、栃木県よりダイバーの方が、3泊4日で器材講習にお越しくださいました基礎コースからテクニカルコースまで、通しで受講されたのですがご自身の器材をご自身の手でオーバーホールされるなかで毎年オーバーホールに出しているにも関わらず依頼先で“いい加減なオーバーホール”がなされていた事実が発覚 器材の中にあらゆる痕跡が残されていました。 まず、Oリングが違う。カラーが異なるので、並べると専門知識がなくてもわか...

ダイビング業界で現実に起きていること

オーバーホールに入ってくる器材。分解してみて初めてわかることがあります。レギュレーターに貼られているシールを見ると ”次回オーバーホール 2013年6月”(店名は伏せさせていただきます。)つまり、2012年6月にオーバーホールをされたということ。ですが、開けてみてびっくりしました。これは1stステージ、スイベルのOリングなのですが、 7-8年前に製造終了している古いパーツが入っていました。左:現物(7-8年前に製造終了...

人工的に金属ナメしたパーツ

オーバーホールに出したのに器材の調子が悪いということで当店に点検診断をご依頼いただいた器材。分解してみたところ、内部の部品がこのような状態になっていました左:現物(緑錆や塩がついており、先端も錆びています) 右:新品(分解図を確認して取寄せたパーツ)金属がナメてぐちゃぐちゃになっていたので、そこは触らず、穴に工具を入れてはずしました。使った工具はこちら  これは自動車やバイクを整備するのに使用する...

適切な工具・力加減の重要性

ダイビング器材のオーバーホールは、手順を習って工具と部品があれば誰にでもできるものですが、誰がやっても同じかというと、それは別です。経験年数は長く、経験台数も多い=優秀な技術者である、とも言い切れないと思います。  細やかな作業を伴い集中力を要する為、もともとの性格の向き不向きもあると思うしそれから先天的なセンスがあるかないかで、器材の仕上りに大きな差が出ると思います。BOSSを見ていて、どんな器材に...

知らぬ事実は器材の中にあり

オーバーホールの際に、異部品が入っているのを目にすることには慣れましたが見過ごせないものが時々あります。 左:お客様の器材に入っていた実物パーツ 右:本来あるべき姿 こちらのパーツは1stステージ内のものです。金属部品の中をほじり出そうとしたような痕跡が見られますよね?これは中身を触ってはいけないパーツです。 こちらの金属部品は超音波洗浄にかけません。 以前のオーバーホール時に作業者がほじったのでし...

作業者のミスによるケース割れ

2ndステージの本体ケースがヒビ割れているのでケース交換をすることになったのですが、とんでもない事実が発覚しました問題の本体ケースはこちら↓ 割れが生じています。このように、2ndステージの本体ケースの中に、バルブケーシングという金属部品が入ります。この器材は古いモデルである為、本体ケース及びバルブケーシング、両方とも同一の部品は現在製造されていません。現在製造されている部品は、若干サイズ変更されています...

不適合部品が組まれていた例

オーバーホールの際に器材を分解したところ、とんでもないものが見つかりましたピストンタイプのレギュレーターの1stステージのベースをはずすとこのようにピストンの筒部分の先端が見えます。ピストンの周りは空間になっていて、何も干渉するものが無いのが普通です。  問題の器材はこちらピストンの筒、左側に金属部品が当たっている(干渉している)のがわかりますか?当たっている部品は、ヨークリティナー(=タンクのエア...

いい加減な部品交換

Maresの器材には、1stステージ内のポHPペットの種類が、2種類あります。一つは「SCSポペット」、もう一つは「PUポペット」です。現在製造されているMaresの器材は、すべて「PUポペット」で「SCSポペット」の器材はもう製造されていないのですが部品は現在も製造されているので、「SCSポペット」でのオーバーホールも可能です。左:SCSポペットシート¥2,200 右:PUポペット¥5,000この度オーバーホールに出し...

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR