FC2ブログ

Entries

オクトorオクト機能付インフレーター

毎日暑いですね
ダイバーの皆様、夏の海を満喫されておられますでしょうか?

この時期、ダイビング器材購入のご相談が多い時期ですが、
「(予備の呼吸源を)普通のオクトパスとオクト機能付インフレーター、どちらにするか
悩んでいます。どっちがいいですか?」 と聞かれることがございます。 
 
オクト or オクト機能付インフレーター
 
もちろん正解はございません。
インストラクターや販売員の方それぞれに違ったお考えがあるかと思いますし
アドバイスに基づき、ご自身で選んでいただくといいと思います。
 
私の方からは、一般ダイバー(プロを除く。レジャーダイバー対象)さまには
このようなアドバイスをさせていただいています。  

まず、予備の呼吸源は主にどんな時に使うでしょうか。
バディがエアー切れを起こしたとき
ご自身のメインの呼吸源にトラブルが生じたとき 

いずれにしても、緊急時に使うということですね 
まずメインで考えていただきたいのは、使い勝手(安全性)です。

それぞれの特徴は次の通りです。 
 
<オクトパス>  
・バディにあげる際、自分のレギュレーターをはずさなくてよい
・浮上するとき、通常通りインフレーターで浮力調整を行える。
 
<オクトパス機能付インフレーター>DUO-AIR/エアーコントロール/エアーソース/AIR2etc  
・バディにあげる際、自分のレギュレーターをはずしてそれをバディにあげ
 オクトパス機能付インフレーターにくわえかえる必要がある。 
・右肩に排気弁がある場合は、ノブを引いて膨張したエアーを逃がしながら
 中性浮力をとり浮上すればいいけれど
 ない場合は、左肩の排気弁を使用する為、呼吸源を都度口からはずしていただいて 
 ジャバラホースを引いて排気するか排気ボタンを押すか
 もしくはくわえたままでジャバラホースを引いて排気する
必要がある。
  
以上のことより、オクトパス機能付インフレーターの使用には
それなりのスキルが必要であるといえるかと思います。

もしスキルに不安があるようであれば、あまりお勧めできません。
(緊急時は平常心を失い、普段できている事ができなくなり
トラブルに繋がることがあります。)

ですが、既にスキルをお持ち、もしくは習得しようという意欲的なダイバーさまには
オクトパス機能付インフレーターの方がおススメです。 

その理由は 
・維持費が抑えられる
 オクトパスとインフレーターという2点と
 二つの機能が合わさったオクトパス機能付インフレーター1点だと
 オーバーホール時の工賃+パーツ代は、1点の方が安く済むから。
・重量が軽くなる 
 飛行機の重量制限が厳しくなった昨今、すごく大きな利点だと思うから。  
 
相談するインストラクターごとに、異なるアドバイスをされることでしょう。
(いずれかではなく、両方取付されることを推奨されているお店もあります。)
購入に際して迷われたら、担当インストラクターにご相談されるのがよろしいかと思います。 
  
最後にひとつ
オクトパス、オクトパス機能付インフレーターを実際に使用されたことはありますか? 
大半の方が付けているだけで一度も使ったことがないとのこと。
講習でスキルをしたきりだと仰います。

使うことに慣れていないのに、緊急時の冷静さを失ったときに使えますか? 
器材を購入された後、必ず最低一度はプールや海で使ってみてください。
その際びっくりされるといけないので、ガイドやインストラクターの方に一声かけておいてくださいね。

ですが何より大切なことは、オクトパスを必要としないダイビングをすることです。
こまめな残圧のチェック 
定期的なオーバーホール及び器材の管理を心掛けてください。

みなさまが安全快適なダイビングができますようお祈りしております
 
器材選びのご相談、スキルアップ講習、承っております。お気軽にお問合せください 


ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net  
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR