FC2ブログ

Entries

ダイビング業界で現実に起きていること

オーバーホールに入ってくる器材。分解してみて初めてわかることがあります。

レギュレーターに貼られているシールを見ると 
”次回オーバーホール 2013年6月”(店名は伏せさせていただきます。)
つまり、2012年6月にオーバーホールをされたということ

NEXTオーバーホールシール

ですが、開けてみてびっくりしました。
これは1stステージ、スイベルのOリングなのですが、 
7-8年前に製造終了している古いパーツが入っていました。

Oリング
左:現物(7-8年前に製造終了したOリング) 
右:現在の指定交換パーツであるOリング
 
それから、7-8年前よりメーカーが自主回収されているパーツが交換されておらず
古いパーツのままで、フィルターも素材が違うものが入っていました。

ノブ
左:現物  
右:交換指示の出ているアップグレードキット
 
今回2セットのオーバーホールの依頼を受けたのですが、もう1台も
1stステージ内の主要部品であるポペットシートが、旧マレスジャパン時代のパーツでした。 
こちらも7-8年前のものです。

SCSポペットシート
左:現物
右:新しいパーツ

これだけではないのですが、オーバーホールに精通していない方でも
これらは並べれば違うパーツであると一目瞭然ではないでしょうか。

分解・洗浄・乾燥をして、パーツの入手ができない為に古いパーツをそのまま戻して
組立をしたのか、オーバーホール自体を行っていないのか、背景は私たちにはわかりません。

昨年オーバーホールをされているのであれば交換されているべきパーツが 
交換されていない
ことは事実です。 

一番の問題は、お客様(ユーザー様)がその事実をご存知なかったということ。
現実、このようなことがあるのだということを知っていただきたい、そう思って今回
このようなお話をさせていただきました。

程度の度合いは別として、このようなことは時折ございます。
だけど今回のケースはあまりにひどい。
事情や背景はわかりかねますが、いずれにしてもとても遺憾に思います。

器材の中身は見えません。
伝えなければ、お客様はわからないと思います。わからなければ選択肢がありません。

私たちは”器材をお預かりする=命をお預かりする=信頼を預けてくださった”
という想いで作業や対応をさせていただいています。  
 
自分自身も学生の頃からダイビングを愛する一ダイバーでもありますし、
ダイバーが安心してダイビングができる環境を切に望みます。

環境をつくるのは私たちダイバーだと思います。決して受け身ではないはずです。
是非、自身がよりよいサービスを受けれるように、よりたくさんの情報を得て
厳しい目で判断してよりより選択をしてください。
結果、選ばれる側は切磋琢磨し、競い合うことでサービスの質は自然と向上する―
切にそう願います。 
  
 
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR