FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TUSA新商品のみどころ 2014

今日はTUSAの2014年NEWカタログより、商品の見どころをご紹介します。

TUSA 2014カタログ 

表紙だけ見ると時計メーカーのカタログみたい。
今期、やはりソーラー充電式ダイブコンピューターへの意気込みが感じられます。

まずは注目のダイブコンピューター「ディーシー・ソーラ」
ディーシーソーラー

電池切れの心配がないソーラー充電方式
フル充電状態から60分のダイビングが約30本可能。
ナイトロックス対応含め、一般的なダイブコンピューターに搭載されている機能が
揃っています。

製造元が同じ、ベースが同じダイブコンピューターが
AQUALUNGとBismからも発売されるのですが、
TUSAのオリジナル機能“減圧症予防に有効なM値設定・警告機能”

国内の減圧症羅患者のなかで、DCの無限圧潜水時間を守っていたにも
関わらず減圧症になったケースは平均水深が深く(15M以上)
潜水時間が長い(45分以上)傾向にある為、より安全性を高める(危険低減)
というコンセプトのもと、無限圧潜水ラインの95%、90%、85%
の設定ができ、それに達するとアラームが鳴る仕組み
になっています。

個人的に一番惹かれたのは、女性専用マスク「ティナ」のフルモデルチェンジ
ティナ

前モデル(M-15)より一回りコンパクトになっています。
やっぱり視界がちょっと狭くなっちゃうかな・・・とは思うものの、その他+αが魅力的なので
M-15愛用者としては、リニューアルモデルの実物試着がとても楽しみです。 

コレ、かわいいー 
クリスタルカット加工
マスクフレーム左下にラインストーンのように輝く
クリスタルカット加工が施されています。光が当たるとキラキラに。 

スカート(※)も変更されており、よりフィッティングが高まっています。

(※)前年までフリーダムモデルのみに採用されていたスカート
AB
A:柔軟エリアフィッティングライン上で骨が硬く張っているところ、鼻の下のレギュレータを
くわえた時に口元の変化が大きいところ、その部分のスカートの厚みを変える事で
柔軟にフィットするように設計されています。
B:しっかりエリア頬骨の下をしっかりと包み込むことにより、フィッティングが安定。 
 
そして、顔に当たるスカート内側のフィッティングライン面に
さらさらとした低摩擦スカートが施されています。
低摩擦スカート面

フリーダムマスクを使ったことがありますが、私は実際にフィッティングの違いを
感じることができました。BOSSが愛用。快適でしたよ 

こちらのスカート、ベストセラーマスクM-27(モルビー)にも採用されることに。
リニューアルされて「フリーダムセオス」というお名前に変わっています。
 
その他、マスクで特記すべきは超ワイドな1眼マスクが登場。
「フリーダムHD」
HD
超広視界を望まれる方向け。

カラー展開が豊富なTUSAを象徴する、6色のメッシュバッグ
カラーのみでなく、差しデザインも6通り。 
メッシュバッグ
 
重器材の方は、一部のLPホースがMiflexホースに変更されています。
 
前年までプロショップ限定モデルだったレギュレーター
Miflexホースが取付けられ、通常カタログに掲載されています。
RS-681レギュレーター
RS-681
(RS-670レギュレーターもMiflexホースになり、RS-671レギュレーターとして登場。)
 
それから新商品で出たRS-812レギュレーター
RS-812
R-800 1stステージと、某メーカーのセカンドステージのTUSAモデル 
とのコラボレーションですが、スイベルジョイントが付いているのがTUSAオリジナル。 

最後になりましたが、ライトのラインナップが豊富です(LIGHT&MOTION)。
新商品「GoBe」が登場。
GoBeライト
海だけでなく、山など陸上でも多様に使える超小型、明るいLEDライト
基本ボディは3.0Ahと2.2Ah、6種類の交換用ヘッドライトあり。 

来週、DIVE BIZ SHOW大阪で実物を見れるのが楽しみ!
また改めてレポートいたします 

 

ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。