FC2ブログ

Entries

OCEANIC(オーシャニック)製レギュレーターのオーバーホールについて

OCEANIC FDX-10EOS
OCEANIC(オーシャニック)レギュレーターをお使いの方へ
現在の日本国内オーバーホール事情をご案内致します。

一部オーシャニック製レギュレーターは、現在、オーシャニックジャパンでしか
オーバーホールができません。
技術的な問題ではなく、部品さえあればオーバーホール可能なのですが、
部品を出さない体制をとられている為(自社のみでオーバーホール)。

私共の方では、一部ピストンタイプのレギュレーター等に関しましては、
海外から輸入した部品を所有しておりますので、当店の方でオーバーホールが可能です。
ただ、器材実物を開けてみてパーツを現物合わせしてみなければ何とも言えず
事前に機種名等で、当店でオーバーホール可能かどうかのお返事を即座にできないところに
対応の難しさを感じています。

現在、同業他社さんも同様に部品をお持ちではない為、分けていただくこともできず
OEMで対応できる部品もない為、メーカーに作業を委ねざるを得ないと判明している機種は

“FDX-10EOS“(画像のレギュレーター)
 
こちらのオーバーホールをお受けした際は、オーシャニックジャパンへ作業委託致します。
以下、御見積りです(税別/2014年2月現在)
レギュレーターO/H <指定交換パーツ含> ¥9,000
当店からオーシャニックジャパンへの送料 ¥800
オーシャニックジャパンからの返送料及び支払手数料 ¥1,300

直接オーバーホールのお申込みをして発送していただくことも可能ですが
オーシャニックジャパンの方では、他社製の器材のオーバーホールができません。

このように、複数メーカーの器材を組み合せている場合、困りますよね 

OCEANIC+

レギュレーターはオーシャニックジャパンへ
オクトパスやゲージは他(メーカーと契約を持つ正規ディーラーやメンテナンス専門店)へ
と別々に依頼して送付しなければならず、手間や時間、費用(送料等)も多くかかるかと思います。

ですが大丈夫、当店の方にまとめて出してください

代理でレギュのオーバーホールを依頼して送付し、
オクトパスやゲージは当店でオーバーホールを行った上
最終レギュセット一式、きちんと調整をかけて万全な状態でお納め致します。

その方が手間がかかりませんし、安心してお使いいただけるかと思います 

納期に関してですが、オーシャニックジャパンの方で2週間要しますので
発送のタイムラグを合わせると、通常よりも日数を頂戴することになるかと思います。
ご使用予定が決まっておられる場合は、余裕を持って早目に出してくださいね

当店では取扱いメーカー・機種が幅広い為、様々な器材のオーダーが入ってきて
イリーガルな対応を要することが多々ありたいへんだなって思います、私は。
だけどBOSSは工具やOEMパーツ買いに工具屋に走っていきます。ちょっと楽しそうに
売られていない工具は、作ってしまえばいい、と工具を作ってもらうことも・・・

アイバディは”うちでできなければ、日本国内どこでもオーバーホールできない”
域を目指しています。

ただ、年式の古いものなど部品がどうしても入手できず、オーバーホールできない場合もあります。

その場合は使えるものを活かして、できないものは下取交換で取付させて頂く等
ユーザー様それぞれにニーズをお聞きしてベストな選択をしていただけますよう
様々なご相談に応じておりますので、お気軽にお問合せください 
器材の買い替えや買い足しも積極的に推奨しています。


2016.05.12更新

オーシャニック ダイビング 等で検索し、こちらの記事がヒットして
お問合せやお申込みをいただくことがありますので、現状の詳細を追記いたします。

この記事を書いたときに存在した、オーシャニックの日本代理店(オーシャニックジャパン)
はなくなってしまいました。
今後は、当店でオーバーホールできる機種のみ、お受付させていただきます。 

■当店でオーバーホールできる機種
1stステージ:SP4 系
2ndステージ:アルファ7、8 系 (※)

■中身要確認。部品はありますが、年式によって若干内部変更があるため
  部品適合すればオーバーホール可能な機種

1stステージ:DX4、PX2 系
2ndステージ:オメガ、ゼッタ以外はできる可能性大

■部品が無く、オーバーホールできない機種
1stステージ:FDX、CDX、CDX-5 系
2ndステージ:オメガ、ゼッタ 系

詳細はお電話にてお問合せください ⇒06-6360-7836 



ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR