FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池交換したばかりのダイブコンピューターが・・・Σヽ(゚Д゚|l!)ノ

年式の古いダイブコンピューターは経年劣化が進み
使用頻度や使用及び保管状況により、
ケース本体や内部の基盤等、部品が傷んでいることがあるため
電池交換後、間もなく故障する可能性があります。

「何年ぐらいで?」といった質問をよくいただきますが、
使用者の違い+その製品が本来もつ性能や個体差といった条件も加わり
同じ製品であっても、使い続けている方とダメになってしまった方で
5年以上も年数に開きがある場合もあり、一概には何とも言えません。
 
ただ、古い機種を電池交換する際は、ある程度覚悟の気持ちを持って
出していただいた方がいいと思います。

実際に、このようなケースが時折あります。

電池交換してもすぐに故障。修理が必要な箇所が見つかり、高額な修理代がかかる 
ことが判明。
または修理に必要な部品がもう製造終了しているから、修理できず使えない。 
 
そうなった場合、みなさま口を揃えて「電池交換せずにその分を購入代金に回して
新しいダイブコンピューターを買えばよかった」とおっしゃいます。
ほんとその通りですよね 
年数を経たダイブコンピューター、電池交換するか否か…悩みますよね。
買い替え時期の判断も本当に難しいと思います。  

実際のトラブル事例をご紹介します。  

ダイブコンピューター:Dive Beans(1997年~2006年製造)
Dive Beans電池交換

【症状】 防水性能不良(前面ガラス廻りから入水)
【原因】 ケース本体の材質の経年劣化による変形、歪み
【トラブル発生環境】 炎天下、外気温と水温の温度差が大きい
【防止策】 直射日光を避ける、高温多湿の場所で保管しない 

同型モデルをご使用のユーザー様には、頭の片隅に置いておいていただき
ご配慮の上、十分注意してご使用いただくことをお勧め致します 
 
当店では、ダイブコンピューターの下取交換も行っております。
お気軽にご相談くださいませ 



ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net  
 

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。