FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュレーターからの異音は危険?!治る?

レギュレーターの1stステージから金属音が鳴る現象があります。
キンキーンやピーピーといった高音の異音、聞かれたことがありますか?
 
自分自身で聞こえて
または一緒に潜ったバディやインストラクターに指摘されて
心配になり、問合せをいただくことがあります。

正常に作動していて鳴っている金属音は、使用に際しての問題はないといえます
そのままご使用していただいていいのですが、ただ、それによってストレスを感じるようであれば
原因追求をして処置を施すことが必要かと思います。 

原因は1つに限定することはできません。
微妙な中圧の調整により、金属音が消えることがあります。
中圧を変えても消えず、部品交換を変えたりすることもあります。

今回は、1stステージ内のスプリングの変形によって、金属音が鳴っていた
という事例をご紹介します。 

これがそのスプリング。
変形しているのですがわかりますでしょうか?
 
変形したスプリング

わかりやすいように、ラインを書いた紙とプレートを使用します。
指標を利用したスプリング
スプリングの上にのせたプレートと背景のラインの間隔が一定ではなく
斜めに傾いているのがわかりますでしょうか?

このスプリングの変形が金属音を引き起こす原因となっていました。
新品スプリングを交換すれば解消されました。 

下画像のように、明らかに目で見て傾斜しているとわかるスプリングであれば、
原因を見抜きやすいかと思うのですが

目で見て明らかに変形がわかるスプリング

今回ダメだったスプリングはパッと見では変形がわかりづらく
熟練した作業者でなければ、原因を見抜くことは困難だったのでは、と思いました。

先日、1stステージから金属音が鳴っているレギュレーターの持ち主である
ダイバーの方が、ダイビングショップのプールに潜りに行かれた際に
担当インストラクターに
「異音はグリスを塗れば治りますよ」 と言われたそうです。

その方の器材を当店の方で診断処置させていただいたのですが、
グリスを塗ることでは異音を止めることはできない症状でした。
様々な症例を数多く見て触っていないと、対応する事は難しいのかもしれません。
     
器材のことでお困りのことがあれば、エキスパートである私共へいつでもご相談ください
     
 


ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート  
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 
 

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。