FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ダイビング中に突然BCのエアーが抜けないΣ(゚□゚*)!”トラブルを防ぐためには

先日、「オーバーホール後(約1カ月)の33ダイブ目から
ジャバラホースを引っ張っても弁からエアーが抜けなくなった」
旨のご連絡があり、インフレーターをお修理することとなりました

弁(OPEV)からエアーが抜けない原因は、ワイヤーのカシメ部の脱落(部品の破損)。
オーバーホールのときには通常交換しない部品がダメになっていました。

サンプル画像を使ってご説明しますね。

ジャバラホースを引っ張ると、弁(OPEV)からエアーが抜けるタイプの
インフレーターの一機種↓
opev2-b.jpg

OPEVとはこの部分(肩口)↓
opev1-b.jpg

ジャバラホースの内部には、このようなワイヤーが通っています↓
opev3-b.jpg

黒い部品がOPEVの内部に入っており、ワイヤーが引っ張られると
弁を開くような構造になっています。

今回、使用するうちにワイヤーを繋ぐカシメ部が脱落してしまい、不具合が生じました。

オーバーホール時は、部品に問題がなくそのまま組み上げたのですが
部品自体が年数を経ており、引っ張るうちに劣化が進み
使用中に突如切れてしまった
というわけです。 

パーツ(ワイヤーとカシメの結合部品)を交換して簡単に修理できますが
もし海のなかで突然、いつもしている動作でエアーが抜けなくなってしまったら焦りますよね 

そう思ったので、お話しておこうと思いました。

コードがちぎれてOPEVからエアーが出なくなっても大丈夫 落ち着いて
インフレーターの排気ボタンからエアーを抜きましょう   
 
何より大切なのはそうならない為の「予防」 なのですが、
あきらかに視認や触診でダメと判断できるものでなければ
交換どきはいつなのか、断言することは難しいです。
 
コードがダメになるまで使用される方が多いですが
心配であれば、2~3年に一度交換されることをオススメします。

潜る頻度やジャバラホースを引っ張る頻度はそれぞれ
個々に劣化の速度は違ってくるので   
現状不具合がなくても、心配な場合は交換希望の旨お知らせください。

わからないという場合はご相談くだされば、状態を診せていただいて
お話を伺ってアドバイスさせていただきます。   
一緒に判断をして、安全に器材を使えるようにしましょう 
     

ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート  
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。