FC2ブログ

Entries

FUSION52Xレギュ日本上陸!ぶっちゃけこの商品どうなの??

週末、初回生産少量入荷分“FUSION52X”レギュレーターが到着しました

先日ディーラーミィーティングに行き新商品レポートを書いた後、
あの新しいレギュはどうなのか、と質問が相次いだので
今日は実物を初めて見て触っての感想を書いてみたいと思います 
  
つや消しシルバーで落ち着いたカラーリングがとってもクール かっこいい  

マレス FUSION52X
  
ホースから2ndに空気が送り込まれる部分に切り替えが付いています。
中は分解してみていないけど、エアー流入口を開放・制限するスライド板的なものが
ついていると思われます。これで流量を調整することができるというわけですね。
  
2ndケースはこの通り。外観からも一目瞭然ですが、旧モデルに比べると
容量が大きくなっており、レバーの可動域が広がっていることがわかります。

マレス FUSION52X 2ndケース
左:fusion52X 右:同社旧モデルABYSS2005
 
それから、パージボタンが押しやすい
マレス FUSION52X パージボタン

斜めに倒れていることがわかりますか?指の動きに沿って倒れます。
真っ直ぐ押すよりもむしろこの方が動作的に自然ですよね。
 
押した感触、反発力はinstinctよりも大きく、これだけしっかりしていれば
潮流や意図していない外部からの力が加わりにくいといえると思います。
 
それから、BOSSがエキゾーストカバーの改良に気付きました 

以前の排気カバーには内側のセンターに仕切り板のようなものが付いていたのですが
(整流目的なのか、バルブのめくり上がりを抑える目的なのか定かではないですが)
入り込んだ海水がカバーそこにぶつかり、エギゾーストバルブを内側に押し込む
トラブルが、ごく稀ではありますが出てしまい、うちのお店ではそのトラブルが出た際
お客様にご説明をしてご了承いただいた上で、カバーに穴を開けて処置していました 
  
マレス FUSION52X 排気カバー
左:加工なし 右:加工後(海水を逃がす穴を開けました)

ですが見てください、FUSIONの排気カバーには穴が開いてます 
排気カバーの改造
より安全にご使用いただけるように改良がなされているといえます    
   
そんな“FUSION52X”は、まだ日本に少数ロットしか入ってきていませんが
すぐさまお出しできる在庫が1台あります。(2台中1台はご成約済)
定価¥158,000 ⇒販売価格及び下取交換価格はお問合せください
 

ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート  
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR