FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛マークな合いマーク、はじめました!

1509181b.jpg

Hello!過ごしやすい気候になってきましたね
今日の大阪は秋晴れで、窓から入ってくる空気が心地よい1日でした。

シルバーウィーク、いかがお過ごしになられますか?
海に行かれる方もたくさんおられることと思いますので、津波警報・注意報が
解除され、ホッとしました。楽しんでいらしてくださいね 

さて今日は、オーバーホールユーザーのみなさまにお知らせしたいことが。

この度、オーバーホール済みの器材に、自然には落ちない塗料で
“あいマーク”を打たせていただく
ことになりました。
 
愛マーク?なにそれ、ハートマーク??と聞き返して
なんでやねんっ!とBOSSにつっこまれ・・・正しくは“合いマーク” 

IMG_5014b.jpg
 
オーバーホール後にフリーフローしたり、パージボタンを押したら
空気が出なくなった(→レバーが落ちてしまってます)というお申し出
があり、
器材をお送りいただいて確認すると、オーバーホール時に施した調整位置と
変わっている
ことがあります

2ndステージのオリフィスが自然に動くことは有り得ません。
人工的に工具を使って閉め込む、緩める、ことをしなければ、
位置が変わることはありません
 

お話を伺うと、触っていません、というご返答が100%。
ものすごく困惑しますなんでなんや・・・ 
そこでどなたかが触られる環境に置かれたことはないかとお尋ねします。

例えば、現地で不具合を感じてガイド・インストラクターの方に診てもらった、
どこかに器材を預けて保管してもらっていた、等。

再調整することは簡単です。
ただ、どうしてそうなったのか、今回調整してもまた同じことが起きるのではないか
(ユーザー様が危険にさらされる可能性がある)そのことが心配なのです。
原因解明を行い、解決することが本当の修理完了だと思うので
 
そこで、オーバーホール完了時に器材の数箇所に印を打たせていただく
運びとなったというわけであります。
気付いたとき、えっ、これ何?と思われるかもしれませんが
器材を汚したり傷つけたりするものではありませんので、ご安心ください 

愛マークですから はい、ここでオトしときます(笑)ま、冗談はさておき
ユーザー様を大切に想うお印だと思ってください 

オーバーホールが済んだらサービス終了、ではなく
オーバーホール後も安全に器材をご使用いただけますように
よりよい取り組みを行っていきたいと考えております。

自分で器材を触りたい、という方もいらっしゃるかと思います。
ネット上などで誤った情報を山ほど目にするなか、
自己責任とはいえ、事故を起こして欲しくないなと切実に想います 

当店では器材講習の開催も行っており、ニーズがあれば安全を持って
ご要望にお応えしますので、お気軽にお尋ねくださいね 

    
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート  
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 
  
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。