FC2ブログ

Entries

マスクやスノーケルの寿命を長持ちさせる秘訣とは?

今日は軽器材の取扱いについて、ひとつご紹介します

樹脂パーツは経年で油分が抜けていき、最期はこのように
ベタつきがでたり、パキンと割れてしまいます

マスクのフレーム、触ると指の跡がついてしまいます。べたべた 

M1012092.jpg

久しぶりにダイビングに行こうとしてスノーケルを取り出したら、こんな風に割れてしまった  
なんてことになると悲しいですね。

2014090802.jpg

もちろん永遠に使えるものではないし、いつかは終わりがくるのですが、
お気に入りの器材は少しでも長く使いたいと思うのではないでしょうか。 

そんな願いを叶えるためのポイントをひとつご紹介します 

少しでも寿命を伸ばすには、定期的に使用することが大事
 
でも次回のダイビングまで間が空いてしまうことってありますよね。
そんなときは
定期的にご自宅で水に浸けるといいですよ。
  
水に浸けることには ”油分が抜ける速度を遅くする” という意味合いがあります。
 
どのぐらいの頻度で浸ければいいですか??
と聞かれるのですが

例えば、1週間に1度、最低一晩は浸け込みをして・・・

えーっ、面倒くさーい 

え、やっぱりそう思う?!そういう私も同感です 

いいんですよ、そこはご自身ができる頻度で 
やらないよりはやる方が絶対にマシなので、愛着のある器材を長持ちさせたい方は
是非実践してみてください 
 
それで遂にダメになったときは、気分一新で買い替えをご検討ください。 
軽器材、毎年少しずつ改良がなされたり新しいものがでているので、
器材選びはとても楽しいですよ、カラーバリエーションも豊富だし
カタログ見たり、展示会が大好き!お気軽にご相談くださいね 
   
    
ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート  
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR