Entries

「流量調節ノブ」の真実

今日は「器材の調整」についてお話したいのですが、器材の基本構造を理解していないと
わかりにくいので、まずは簡単にレギュレーターのセカンドステージの構造をご説明します。

吸った時、どのようにしてエアーが出てくるのかご存知でしょうか?
こちらをご覧ください。 講習用の器材でご説明します。

フェイスカバーをはずしたら、ダイヤフラムという黒いゴムのシートがあり
2ndステージ内部の状態 ダイアフラム
 
ダイヤフラムをのけると、その下にはレバーがあります。
2ndステージ内部の状態 レバー

(これは講習用なのでマウスピースついてませんが)くわえて吸うと、ダイヤフラムが
引き寄せられてレバーを押し、レバーが下がります。
2ndステージ内部 吸気時の状態

それではその際、ダイアフラムの下がどうなっているのか見てみましょう。
(内部が見えるように加工を施した講習用の部品でご説明します。)  

レバーが下がる前は、LPシート(黒いゴム)とオリフィス(金属)の間には隙間がありません。
LPシートとオリフィスが密着している状態

レバーが下がると、隙間ができているのがわかりますか?
LPシートとオリフィスの間に隙間ができた状態

この隙間がエアーの流入口となり、1stステージからホースを介して2ndステージに送られたエアーが
ケース内に入り込み、みなさんの口に入ってくるという仕組みです。

吸った後、吐いた時にはダイヤフラム及びレバーが元の位置に戻り
LPシート(黒いゴム)とオリフィス(金属)が接地することでエアーが遮断され
また吸うと隙間ができてエアーが入ってきます。

「エアー流量」の調整は、オリフィスの位置を調整してこの隙間の間隔を広げたり
狭めたりすることで、若干調整が可能。(あとは呼吸抵抗の調整をします。)

それから、このタイプのノブがついている器材は、器材を使われるご本人が
ノブを締めこんだり緩めることで「呼吸抵抗」の調整をすることが可能です。

あくまで「呼吸抵抗」です。「流量」は変わりません。
ですが、呼吸抵抗調節ノブが「流量調節ノブ」と名付けられていたり、 
某メーカーの取扱説明書には
「マウスピースを口にくわえた状態で、反時計回りにノブを回すとエアーの流量が増え、
時計回り(手前側)に回すとエアーの流量が減ります」
と、事実と異なることが記述されています。(担当営業マンと既にお話済)

実際にはノブの調整でエアーの流量は増えも減りもしません。
ではノブを締めたり緩めたりしてどう変わるのか? 

ノブを締めこむとスプリングがぎゅっと縮みます。
ノブを時計廻りに廻す

緩めるとスプリングが伸びます。
ノブを反時計廻りに廻す

かけられているバネ力が小さければ、軽く吸ってレバーが倒れますが
大きい力をかけられていれば、強めに吸うわないといけないという事になります。
スプリングの伸縮調整をすることで「抵抗」の大小を作るわけです。
それで吸い心地が決まります。

「エアー消費が激しいので、エアーの量を絞ってください。」とご要望をいただくことがあります。
”自分がたくさん吸ってしまうから、出るエアーの量を絞り気味にすればエアーが減りにくくなる”
一般的にそう認識がちですが、それは間違い
です。 
一度に入ってくる空気量が減り苦しい、吸いにくいと感じると、体は空気を取り込もうとする為
呼吸数が増えて、結果的にエアー消費を抑えることができない傾向にあります。

じゃあどうすればいいのか? 
ご自身が快適だと思う吸い心地に持っていくことが最良です。
当店では、作業者の感覚+器械を使って調整を行い数値化している為、より微調整が可能であり
オーバーホール完了後1年間、何度でも工賃無料で納得いくまで再調整をさせていただいています。 

もし、よくわからないようであれば、器材講習で理解を深めていただけたら、と思います。
自分が使っている器材の構造を知り、多種多様な他メーカーの器材をプールで使って比較して
そのなかで最適な状態を見つけていただくお手伝いも致します。 

ダイビング器材講習
詳しくはコチラ  

9月4日13:00~BASICコースの予約が入っています。
まだ空席がございますので、是非興味のある方はご一緒にいかがですか? 

今日のお話は「カタログや取説から読み取れない情報」を持って器材購入のアドバイスをする
また、机上理論ではなく、実際のダイビングに役立つ器材講習をする
ことができるBOSSから教わった事の一端です。 
 
カタログや取扱説明書に書かかれているプラス面だけでなく、その裏側(マイナス面)
まで読み取るには、器材の本質を理解することが必要
です。
特に、この業界でお仕事をされている方、実際に器材販売に携わっておられる方は
知識やスキルの幅を広げられると、もっと仕事がしやすくなると思います。
それから、単にダイビングを楽しみたいという方にも役立つ情報がたくさん含まれています。

私もコツコツ勉強して、少しでも皆さまのお役に立てるように頑張ります 




ダイビング器材&オーバーホールのエキスパート 
i buddy アイバディ
http://www.i-buddy.net 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Tama

Author:Tama
ダイビングインストラクター、器材&オーバーホール専門店Staff

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR